こんにちは。第2、第4金曜日を担当する日経バイオテク副編集長の河野修己です。

 先週から3月期、9月期企業の決算説明会が続々と行われており、本誌でも可能な限りカバーするようにしています。以下、ちょっと多いですが決算説明会に関する記事です。

大日本住友製薬の2013年3月期中間決算は増収減益、細胞医薬品を
2016年度以降に事業化へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131031/171840/

武田薬品工業の2013年度中間決算、効率推進プロジェクトによって
1000億円以上の経費削減を示す
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131101/171884/

J-TECが中間決算説明会を開催、「ジェイスの販売動向は予想外の好調さ」
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131103/171894/

塩野義製薬の2013年度上期決算は最高益を更新、手代木社長
「クレストールの特許切れ対策進む」
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131105/171907/

田辺三菱製薬がアルツハイマー病の国際共同治験への参画を発表、
2013年度の第2四半期決算説明会で公表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131105/171908/

第一三共の2013年度第2四半期の決算説明会、中山社長が
子会社の品質問題で謝罪
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131105/171910/

アステラス製薬の2013年度第2四半期の決算、前立腺がん治療薬が好調
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131105/171960/

タカラバイオが中間決算説明会を開催、組み換え細胞医薬は
今年度中に国内治験開始へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131106/172008/

エーザイの2013年度の上期決算は増収減益、内藤社長
「アリセプトだけができることを徹底追求する」
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131107/172012/

小野薬品の2013年度の上期決算説明会、相良社長が
「ニボルマブでがん領域に参入」へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131107/172013/

カイオムが中間決算説明会を開催、通期予想に抗体の導出契約を織り込む
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131108/172048/

 私は主にバイオベンチャーの説明会に出席するようにしているのですが、かなりの企業が新薬事法と再生医療安全確保法への対応に本格的に取り組み始めているという印象です。本誌記事やメルマガで何度も触れているように、新薬事法では再生医療や遺伝子治療に迅速承認制度が、再生医療安全確保法では医療用細胞製品の加工受託が解禁されます。

 タカラバイオの説明会では、複数の細胞医薬について承認取得の予想時期が示されましたが、仲尾功一社長は「このスケジュールは法改正を織り込んでおらず、早まる可能性がある」と言及していました。また、受託事業を将来の柱に育成するため同社は約80億円を投じて細胞加工施設などを新設します。ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)の小澤洋介社長も、治験開始が近づいている角膜上皮シートについて「迅速承認制度を利用するかどうか検討しなければならない」と発言しました。

 11月19日にはメディネットの通期決算説明会があります。10月に就任したばかりの鈴木邦彦社長の説明会デビューですが、同社が新薬事法に対応して免疫細胞療法の承認取得にどのような方針で臨むのか、また細胞加工受託サービスにどの程度本腰を入れていくのか、鈴木新社長の発言が注目されます。

 さて、ここからは本誌主催セミナーのご案内です。11月24日(日)に大阪で、12月1日(日)は東京で、バイオベンチャーへの株式投資をテーマにしたセミナーを開催します。いずれの会場でも、上場バイオベンチャー3社の社長が事業戦略などについてプレゼンテーションするとともに、バイオセクターのベテランアナリスト(大阪はエース経済研究所の池野智彦氏、東京はいちよし経済研究所の山崎清一氏)がバイオベンチャー投資のノウハウを伝授してくれます。私も講演します。

 このセミナー、なんと受講料はいただきません。定員になり次第締め切ってしまいますので、バイオベンチャー投資に興味のあるかたはお早めにお申し込みください。

 各セミナーの概要は以下をご覧ください。

                        日経バイオテク副編集長 河野修己

【大阪会場】
日時:2013年11月24日(日)12:30~17:20予定
会場:大阪ビジネスパーク円形ホール
プレゼンテーション企業:メドレックス、UMNファーマ、キャンバス
特別講演:エース経済研究所シニアアナリスト 池野智彦氏
大阪会場の詳細・お申し込みは以下のURLから。
http://ac.nikkeibp.co.jp/bio/inv1124o/

【東京会場】
日時:2013年12月1(日)12:30~17:20予定
会場:ソラシティカンファレンスセンター
プレゼンテーション企業:キャンバス、UMNファーマ、アンジェスMG
特別講演:いちよし経済研究所首席研究員 山崎清一氏
東京会場の詳細・お申し込みは以下のURLから。
http://ac.nikkeibp.co.jp/bio/inv1201t/