「FIRSTプログラムの後継であるImPACT(Impulsing PAradigm Change through disruptive Technologies)では、呼気で肺がんを検知するなど、ハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発を行い、社会や産業に大きな変革をもたらす非連続的イノベーションを実現する」。山本一太・科学技術担当相は2013年11月5日の閣議後の会見で、ImPACTと府省連携プロジェクトであるSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)の違いについて明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)