糖化ストレスや抗糖化の科学的根拠を実証して、研究成果を国内外に広く発信していくことを目的とした「糖化ストレス研究会」の第5回講演会が2013年10月26日に都内で開催された。同志社大学客員教授で、研究会の代表世話人である市橋正光氏による開会あいさつの後、糖尿病治療における糖化ストレス、腎臓病と糖化ストレスとの関係、生体内異常たんぱく質の蓄積による影響、抗糖化作用のある成分研究など、4つの講演が行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)