フランスTrophos社は、2013年11月5日、まれな神経変性疾患である脊髄性筋萎縮症(SMA)患者にolesoximeを投与して神経筋機能保護効果と安全性を評価するフェーズII/III試験を完了したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)