日経バイオテク11月4日号「パイプライン研究」、パーキンソン病治療薬

(2013.11.06 08:04)1pt
伊藤勝彦

国内の患者は14万1000人で、高齢人口の増加を反映して増加傾向にある。国内では1日1回投与の徐放製剤に加え、貼付剤も発売となった。国内企業が創製したアデノシンA2a受容体拮抗薬がファーストインクラスで登場した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧