アステラス製薬は2013年11月1日、2013年度第2四半期の決算説明会を開催した。当期は、国内の売り上げが減収となったが、海外が堅調に推移した。自社創製品の過活動膀胱治療薬の「ベシケア」と「ベタニス」が好調を維持した。さらに、前立腺がん治療薬「Xtandi」が大きな伸長を見せ、がん領域の売り上げは前年同期から2.1倍増となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)