欧州の癌学会と臨床腫瘍学会、放射線腫瘍学会は毎年合同で年次集会を開催している。演題は遺伝子変異の蓄積の変遷を評価した研究から大規模フェーズIII試験まで多彩だ。集学的な研究や治療こそががん治療に重要とのメッセージを発信する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)