台湾国立成功大学(NCKU)は2013年10月31日、イスラエルBar-Ilan大学からの客員教授であるAharon Gedanken名誉教授を中心とする研究チームが、使用済み食用油をバイオディーゼル燃料に10秒で変換できる電磁波をベースとするプロセスを開発したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)