全米自動車協会(AAA:American Automobile Association)は2013年10月25日、米環境保護局(EPA)と政府に対して、2014年のガソリンへ混合されるエタノールの必要量を低減させるよう要請すると表明した。AAAは、より現実的なRFS目標はガソリン価格の急上昇の可能性を防ぎ、潜在的に自動車を破損する可能性のあるE15ガソリンの使用拡大を抑えることになり、ドライバーを保護することになると主張している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)