米Fidelity Biosciences社と米REGENX Biosciences社は2013年10月31日、希少疾患領域の新規遺伝子治療の開発に特化したDimension Therapeutics社を設立したと発表した。Dimension社は血友病に対するリード候補を手始めとして、希少疾患に用いる遺伝子治療プログラム基盤の臨床開発を進め、アデノ随伴ウイルス(AAV)治療薬エンジンの構築に重点的に取り組む方針だ。同社はFidelity社主導で行われた金額非公開のシリーズAファイナンスも完了しているという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)