米Butamax Advanced Biofuels社は2013年10月29日、米環境保護局(EPA)が検討中の2014年再生可能燃料基準(RFS)義務量であるRVO(renewable fuel volume obligations)目標について議論するため、米行政管理予算局(OMB:Office of Management and Budget)の当局者と面談したことを明らかにした。この面談にはEPAや他の政府機関の関係者も同席し、この時約束したRFS制度が機能していることを説明する「How the RFS Actually Delivers Renewable Energy Policy Objectives」と題する17ページにわたる報告書(http://www.butamax.com/_assets/pdf/butamaxrfs.pdf)を提出したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)