花王は、体臭成分の1つであるヘキサン酸を選択的に消臭できる技術につながる知見を得た。約400種類存在するヒトの嗅覚受容体の中から、ヘキサン酸に応答する嗅覚受容体を5つ特定し、この受容体の活性化を抑制するアンタゴニスト作用のある香料を突き止めた。2013年9月に仙台市で開かれた日本味と匂学会第47回大会で、花王の感性科学研究所が発表した成果について、花王が10月28日にニュースリリースを出した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)