オランダISA Pharmaceuticals社は、2013年10月29日、HPV16陽性の進行性または再発性子宮頸がん患者を登録して、標準化学療法と共に、ヒト・パピローマ・ウイルス16型(HPV16)を標的とする治療用ワクチンを投与するフェーズI/II CervlSAスタディーを開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)