エーザイのネクスト・ジェネレーション・システムズ細胞技術グループは、作製が簡単で高効率なゲノム編集ツールであるCRISPR/Casシステムが、培養細胞のゲノム編集ツールとして有用であることをフィージビリティースタディーで検証した。今回はU2OSとiPSの2種類の培養細胞の結果を発表した。広島大学で開かれた第3回ゲノム編集研究会で2013年10月26日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)