2013年10月26日から27日に第3回ゲノム編集研究会が広島大学(東広島市)で開かれ、約200人が参加した。アカデミアの他、ゲノム編集ツールを事業化している企業と技術のユーザーとなる製薬・化学企業、それに農林水産省や文部科学省、科学技術振興機構(JST)からも参加した。発表された演題数は45件(口頭21件、ポスター24件)。2012年9月に自然科学研究機構(愛知県岡崎市)で開催された第2回の発表演題数15件(全て口頭)と比べると、3倍に相当する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)