米エネルギー省(DOE)傘下のBrookhaven国立研究所(BNL)は2013年10月18日、バイオサイエンス部門のChangcheng Xu博士をリーダーとする研究チームが、植物の葉や栄養組織におけるオイル生成とその蓄積に必要な鍵となる2種の遺伝子を同定したと発表した。これら遺伝子の発現を増強すると、最も豊富な植物バイオマス源である葉のオイル量を大幅に増加させることが分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)