米Houston Methodist、米航空宇宙局(NASA)のJohnson Space Centerおよび他の2つの研究所から構成される研究グループは、たった13日間宇宙にいることで、目の構造と遺伝子の発現が大きな影響を受ける可能性を示す成果を得たと、2013年10月24日に発表した。研究成果は、Gravitational and Space Research誌10月号に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)