米Elevance Renewable Sciences社は2013年10月22日、インドネシアGresikのプラントに続く2基目の商業スケールバイオリファイナリーを米ミシシッピ州Natchezに建設する計画を発表した。「Inherent」ブランドの再生可能な化学品ビルディングブロックの生産拡大のためで、2016年の稼働開始を目指している。2基目のバイオリファイナリー建設の背景として、現在インドネシアWilmar International社とのジョイントベンチャーとして展開しているElevance社にとって最初となるバイオリファイナリーの操業が順調で、顧客の活発な活動に支えられたスペシャリティー化学品や化学品中間体の需要予測が堅調であることが挙げられている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)