日経バイオテク10月21日号「World Trend アジア」、米国ジェネリック医薬品市場に挑む、Ranbaxy社に再度の輸入禁止措置

(2013.10.25 06:34)1pt
城戸佳織=中国Shanghai ChemPartner社

 第一三共のインドにある子会社、Ranbaxy Laboratories社は2013年9月16日、同社のモハリ工場について2012年中に受けた査察の結果に基づき、米食品医薬品局(FDA)より米国への輸入禁止措置(警告)を受理した。Ranbaxy社は2012年1月にもDewas工場およびPaonta Sahib工場に関して同様の措置を受けており、2013年5月に5億ドルもの和解金を支払うことで合意したばかりである。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧