スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究者らは、体内に自然に生成される安全な分子を使って、高い空間分解能と高い時間分解能を備えたMRIを実現する手法を発見した。同研究成果は米科学アカデミー紀要PNAS誌に、2013年10月21日の週に発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)