メドレックスは2013年10月23日、同社が開発中の疼痛治療薬「ETOREAT」(エトドラク含有貼付剤)について、米国フェーズIIIでの投与開始が11月下旬以降になるとの見通しを公表した。従来は11月上旬に投与が始まるとしていた。遅れの原因としては、治験薬の通関手続きに想定以上の時間を要している点を挙げている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)