グライコテクニカ(札幌市、高畠晴美社長)は2013年10月22日、同社のGlycoStationを米食品医薬品局(FDA)が糖鎖プロファイリングシステムとして導入したことを発表した。FDAの検収日は10月11日で、設置は完了したという。このGlycoStationは、産業技術総合研究所とモリテックスおよびGPバイオサイエンスとの共同研究によって製品化された糖鎖解析システム。現在、グライコテクニカは、GPバイオサイエンスからGlycoStationなどの権利の譲渡を受け販売をしている。同社の山田雅雄取締役に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)