ドイツQIAGEN社は、2013年10月21日、米Clovis Oncology社と、非小細胞肺がん(NSCLC)患者に見られる特定の上皮成長因子受容体(EGFR)変異を標的とする治療薬候補CO-1686が適応になる患者を同定するためのコンパニオン診断薬の開発と商品化を共同で進めると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)