>再生医療や創薬スクリーニングで細胞加工の品質管理の需要が高まっている。実用化拡大には再現性が高く頑強な細胞の管理技術・システムが欠かせない。2013年9月の日本生物工学会や10月のBioJapan2013で成果発表が相次いだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)