日経バイオテク10月21日号「編集長の目」、小胞輸送の次に注目するのはオートファジー

(2013.10.22 05:39)0pt
関本克宏

 今年のノーベル生理学・医学賞は「細胞内の物質を運ぶ制御システムの発見」で、米国の研究者3人が受賞した。Randy Schekman氏は小胞輸送に関する遺伝子群を特定し、James Rothman氏は小胞がたんぱく質を目的の場所に運ぶ仕組みを解明、Thomas Sudhof氏は神経伝達物質を細胞外に放出する仕組みを突き止めた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧