経済協力開発機構(OECD)は、農作物などの新育種技術NBT(New Plant Breeding Techniques)の科学的情報を各国で共有するためのワークショップ(WS)を2014年2月10日にフランスのパリで開催する。日本の農林水産省がOECD事務局と共に提案し、OECDバイオテクノロジーの規制的監督の調和に関する作業部会で2013年4月に合意された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)