米Meryland大学Francis King Carey法学部のDiane Hoffmann氏らは、同大学医学部ゲノム科学研究所や薬学部などの教授達と共に、米国でプロバイオティクス(腸内細菌叢のバランスの維持を助ける細菌)関連製品がどのように規制されているのかを調査し、改善のための勧告をまとめた。その内容は「Probiotics: Finding the Right Regulatory Balance」と題した論文で、Science誌2013年10月18日号のPOLYCY FORUMに掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)