2013年10月3日から5日に横浜で開催されたがん学会で、昭和大学医学部横浜市北部病院消化器センターの伊藤寛晃氏らのグループが、表面増強ラマン散乱(SERS)法によるがん患者血清のがん特異的なマーカーの検出について発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら