米Illinois大学Urbana-Champaign校は2013年10月8日、食品科学・人間栄養学科のYong-Su Jin教授率いる研究チームが、酵母の遺伝子組み換えにより酢酸とキシロースを同時に資化させリグノセルロースからのエタノール収量を約10%改善させることに成功したと発表した。酢酸は植物の葉茎や他の植物組織などリグノセルロース系原料をバイオ燃料に変換する際に出る副産物で、酵母にとって毒性がありセルロースエタノール生産にとって問題であった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)