ニッポンジーン(東京・千代田、米田祐康代表取締役)は、毛根サンプルからのDNA抽出からSNPsタイピングまでを60分で行える独自の遺伝子多型解析システムを開発した。試薬代は1測定当たり1000数百円程度で、SNPs簡易検出装置「LF-8」の価格は30万円前後という低コストを実現した。装置の発売は2013年内をめどに準備を進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)