東京理科大学理工学部応用生物科学科の松永幸大准教授らは、チミジンアナログを含む水溶液中で植物を生育することにより、細胞分裂や細胞伸長している細胞だけを光らせる手法を開発し、細胞分裂から細胞伸長へ転換する領域に境界細胞が存在することを見いだした。英Scientific Reports誌で2013年10月14日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)