米Rexahn Pharmaceuticals社は2013年10月10日、Ohio State Innovation Foundationとの間でOhio州立大学の薬学部が開発した新規のオリゴヌクレオチド薬剤送達プラットフォームである脂質被覆アルブミンのナノ粒子(LCAN)に関して、独占的なラインセンス契約の締結で合意したと発表した。Ohio State Innovation Foundationは、Ohio州立大学の関連団体である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら