米Harvard Stem Cell Institute(HSCI)は、2013年10月8日、臍帯(さいたい)血移植に先駆けて臍帯血を16,16-ジメチルプロスタグランジンE2(dmPGE2)処理すると、移植の成功率を高められることを示唆するデータがフェーズIb試験で得られたと発表した。詳細はBlood誌電子版に、2013年8月30日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)