アジア細胞治療学会(ACTO)の2014年年次集会が日本で開催されることが決まった。ACTOは09年に設立された新しい学会で、第1回、第2回は宮崎で、第3回はタイのチェンマイで、今年の第4回は台湾で開催されている。細胞を利用した医療技術全般をテーマとしており、再生医療や遺伝子治療、免疫細胞療法、幹細胞移植などの研究成果が発表されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)