米細胞生物学学会(ASCB)の幹部とメンバーは2013年10月8日、米ナショナルプレスクラブで行われた記者会見で、米連邦政府機関の一時閉鎖が米国のバイオメディカル研究者たちにとって既に悪かった状況をさらに悪化させ、世界のバイオサイエンスにおける米国の長期的なリーダーシップを危うくしていると主張した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)