BRCA1/BRCA2遺伝子に特許権を付与すべきか?2013年6月13日に米最高裁判所は「No」という結論を示した。遺伝子特許の常識が覆ったことにより、バイオ産業は新たな特許戦略を強いられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)