明治大学バイオリソース研究国際インスティテュートの渡邊将人特任講師と長嶋比呂志教授、自治医科大学分子病態治療研究センターの花園豊教授らは、人工ヌクレアーゼと体細胞核移植を組み合わせた効率的な方法により、免疫不全ブタを6カ月という短期間で作出した。米PLOS ONE誌で2013年10月9日(米東部時刻)に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)