韓国KAIST(Korea Advanced Institute of Science and Technology)大学は2013年9月30日、Chemical and Biomolecular Engineering学科のSang Yup Lee教授率いる研究チームが、大腸菌の脂肪酸代謝経路を遺伝子組み換えによって再構築することにより、短鎖(炭素鎖4-12)アルカン分子、すなわちガソリンを培養液1L当たり580mg生成することに成功したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)