同志社大学大学院生命医科学研究科の舟本聡准教授と同大大学院脳科学研究科の井原康夫教授、ペプチドリームの佐々木亨主任研究員らは、アルツハイマー病の原因と考えられるアミロイドβたんぱく質(Aβ)を産生する酵素の特性を解明し、Aβ産生を抑制する新しい方法を開発した。同大の西川喜代孝教授と高橋美帆助教、理化学研究所脳科学総合研究センター(理研BSI)の西道隆臣チームリーダー、斉藤貴志副チームリーダーらとの連名で、2013年10月9日に英Nature Communications誌で発表した。科学技術振興機構(JST)課題達成型基礎研究の戦略的創造研究推進事業チーム型研究(CREST)で井原教授らが取り組んでいる研究の成果だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)