大阪大学大学院生命機能研究科/医学系研究科の吉森保教授と藤田尚信元助教らは、細胞内に侵入したサルモネラ菌がオートファジーで除去される仕組みを解明した。米Journal of Cell Biology誌(インパクトファクター10.822)オンライン版で、2013年10月7日(米東海岸時刻)に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)