第一三共と三菱UFJキャピタルは2013年9月17日、三菱UFJキャピタルが設立し、運営するOiDEファンド投資事業有限責任組合を通じて、新たなオープンイノベーション事業を開始すると発表した。ファンド名の「OiDE」は「Open innovation for the Development of Emerging technologies」の頭文字であるという。ファンド組成に深く関わった第一三共研究開発本部の西田健一エクスターナルサイエンスグループ長(写真後方左)および経営戦略部の佐野毅主幹(写真前方左)、三菱UFJキャピタルの河田弘執行役員(写真後方右)とライフサイエンス室の長谷川宏之室長(写真前方右)にファンド組成の経緯、投資方針などについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)