在日米国商工会議所(ACCJ)と国際栄養食品協会(AIFN)が主催して2013年10月7日に都内で開催された日本の法規制公開シンポジウム「日本における栄養補助食品有用性の消費者理解促進を目的とした表示拡大のための政策検討会」で、加藤勝信・内閣官房副長官が「改革の必要性」と題した基調講演を行った。同シンポジウムには180人が参加した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)