米California大学Los Angeles校(UCLA)は2013年9月29日、化学工学を専攻する研究グループがグルコースを効率よく分解する新しい代謝経路を創出したと発表、バイオ燃料の生産性を50%増加させることに結び付く可能性が出てきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)