インフルエンザなどの病原性ウイルスを対象とした研究では、機能獲得変異研究(Gain of Function=GOF)と呼ばれる手法が取られることがある。2013年9月5日から10日まで南アフリカのケープタウン市で開催されたインフルエンザの国際学会「Options for The Control of Influenza」では「GOFは是か非か」と題されたセッションが設定されていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)