英Wellcome Trust Sanger研究所は2013年10月3日、遺伝子の大部分を占め、たんぱく質に翻訳されない遺伝子である非コードDNA領域の中で、がんなどの疾患原因となる変異が存在する可能性があるDNA領域を同定する新技術を開発したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)