サントリー食品インターナショナルは、2013年10月1日に全国で新発売した特定保健用食品(トクホ)緑茶飲料「伊右衛門 特茶」を、2015年に300万ケースを超える商品に育て、既存のトクホ飲料の「黒烏龍茶」「胡麻麦茶」「ペプシスペシャル」と合わせて、市場占有率50%を目指す。特茶の販売宣伝では、トクホとして初めて「脂肪の分解を促進」する作用の表示が認められたことを、訴求している。特茶は、一部店舗では9月29日の時点で店頭に並んでいた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)