ヒト成熟細胞からiPS細胞を作製する技術は、薬剤スクリーニング、疾患モデリング、およびさまざまな疾患の治療を向上させる大きな可能性を秘めている。iPS細胞の可能性を活用できるようにするためには、詳細にキャラクタライズしたiPS細胞株のパネルを構築し、ヒト集団の多様性を反映させ、幅広い疾患の患者から得たサンプルを組み込んでいくことが重要になると考えられる。Cell Stem Cell誌10月3日号では、幹細胞や再生医療分野の第一人者たちが、このようなiPS細胞バンクの設立にあたって新たに発生すると考えられる問題について複数の意見を発表した。彼らは、このような大規模な取り組みに伴う課題に対応するための実用的な助言や創造的なソリューションを提案している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)