大阪大学大学院薬学研究科の水口裕之教授(医薬基盤研究所チーフプロジェクトリーダーを併任)らは、ヒトiPS細胞由来の肝幹前駆細胞を安定に維持・増幅する技術を開発した。肝幹前駆細胞は、肝細胞への分化の前段階の細胞。今回の技術開発により、より安価に大量のヒトiPS細胞由来分化誘導肝細胞を供給できる技術基盤が整ったとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)