大阪大学大学院情報化学研究科の四方哲也教授と科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(ERATO)四方動的微小反応場プロジェクトの数田恭章技術参事らは、生物の特徴である「進化する能力」を持つ人工細胞を作り出すことに成功し、英Nature Communications誌のオンライン速報版で2013年10月3日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)