バルサルタン(商品名ディオバン)の臨床研究で起こった不正の検証を行う「高血圧症治療薬の臨床研究事案に関する検討委員会」の第3回検討委員会が2013年9月30日に開催され、「高血圧症治療薬の臨床研究事案を踏まえた対応及び再発防止策について」の中間取りまとめ案が示された。検討委員会による関係者へのヒアリングでは、データの操作を誰が何の目的で行ったかは明らかにならなかったが、「今回のデータ操作による結果に対する責任のみならず、わが国の医学界に対する信頼性が低下したことに対する責任は、ノバルティス ファーマ社および関係大学の双方で負うべきと考える」と結論付けた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)